IT

ハードディスクトラブルはデータ復旧とクラウドバックアップで安心

クラウドが主流

電子メール

ビジネスで頻繁に利用するウェブメールは、外部に情報が漏れないようにすることや送受信が快適に行なえることを軸にサービスを利用します。そのため、最近は自社のサーバ内で利用するものよりクラウドを使ったウェブメールが主流となっており、人気を博しています。ただ、イメージ的には社内にあるサーバ内での運用にした方が、安全性が高く快適に使えそうなイメージがあるかもしれません。しかし、実際はサーバの容量や状態によって機能が左右されるところもあるので、汎用性の高いクラウドを選んだ方が安全でサクサク使えるのです。

クラウド上で使うウェブメールは、社内だけではなく外部とのやりとりにも便利です。それは、クラウドへのアクセス権があれば、スマホやタブレットからのアクセスもできるので、外出先からも送受信の確認ができるからでしょう。特に営業担当者は、クライアントへのレスポンスがいかに早いかが勝負。対応力があることによって満足度が高まるケースもたくさんあるので、ウェブメールの利用環境が重要なポイントになります。

ウェブメールの環境を見直しする際は、容量や機能性を確認します。特に法人の契約となると、セキュリティ状況の確認は必須と言えるでしょう。SSL通信など送信したメール本文や内容が容易に漏えいしてバレてしまわないようにすることも有効な対策でしょう。また、第三者からの不正アクセスに対応できるかどうか、迷惑メールやなりすましブロック機能が強化されているかという点でも確認することが大切です。